Home>高橋芳人です

タカハシ建築工房 一級建築士 高橋芳人

健康住宅自然素材住宅の高橋芳人

実は私は子供のとき、木材の配達をする父の後ろに付きまとったり、工場の片隅で家具造りをしている職人さんの邪魔ばかりしていました。木が大好きでした。だからもっともっと「木に触れ合う楽しさ」を家造りや家具を通して提供したいと思ったのです。東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地、宮城県の松島町にある老舗木材店3代目として「自分が住みたい家、そして家族を住ませたい家」をモットーに 大好きな家族と、気持ちよく、健康に、明るく、楽しく暮らすための自然素材の家造り、リフォームに奮闘中!

なぜ?タカハシ建築工房では自然素材の家をつくるのか?

「タカハシ建築工房」は「タカハシ木材style株式会社」の住宅建築部門です。

弊社は亡き祖父が昭和23年に「高橋製材所」として宮城県松島町に創業いたしました。私、高橋芳人が生まれた昭和46年に「株式会社高橋木材家具店」へと法人化し、木材販売、木の家具販売、家づくりと言う現在の形態に至ります。 平成27年に私高橋芳人が代表取締役に就任し木材を住まいや家具という形にする会社と言う意味を込めて 「タカハシ木材style株式会社」へ社名変更しました。

私の代で3代目となり、ここ松島にて創業60余年を迎える事ができました。

地域密着という言葉を身に染みて感じ、創業以来支えて下さった地域の皆様に感謝しております。

気が付けば木と共に

幼いころ木材倉庫が私の遊び場でした。家具や建具職人さん、サッシ屋さん、木材製材の職人さんの子供たちと一緒に原木置き場(丸太置き場)や木材倉庫で日が暮れてまっ暗になるまで木と共に遊び続けていた思い出があります、鬼ごっこ、缶蹴り、かくれんぼ、秘密基地などいつも原木置き場が遊び場でした。

幼いころ木材倉庫が私の世界の中心でした。(笑)

木と父と現場と職人さん。そして僕

製材機に乗り厳しい顔つきで丸太を板や柱に製材し、黙々とトラックに積み込んで住宅の建築現場へ配達する。それが幼い記憶の中の父の姿。そしていつも父から漂う木の香り。

小学校が休みの日は父の運転するトラックの助手席に乗せてもらい一緒に配達に行ける特別な日でした。配達先の大工さんや職人さんに遊んでもらったこともありました。今思えばいつも邪魔ばっかりしていましたね。

ふざけて大怪我をし、大声で泣いた思い出、大きな口で笑った思い出。その中にはいつも住宅の現場、職人さんの笑顔、丸太と父から香る木の香りがありました。

ぼんやりとした家づくりへの路

そんな私にも高校への進学を考える時が来ました。材木屋の長男として生まれた為か、いずれ私もこの仕事をするものだとぼんやりと思っていました。

幼い時から野球にに熱中していてどのような学校で何が学べばよいのかなど全く感心の無かった私は、インテリア系の学校に入りたいと父に伝えたのですが、「お前は建築科のある工業高校に入りなさい」と言われました。その時の父が何をもって建築科を勧めたのかはわかりませんでしたが、父の今までにない無言の気迫のようなものを感じ、父の言われるままに工業高校の建築科に入学しました。今思えば、そのことが私の家づくりの原点となっています。

ゼネコンへの就職、でも、忘れられない住宅の現場とあの香り

工業高校を卒業後、仙台市内に本社のあるゼネコンに就職し、店舗やオフィスといった鉄骨造やコンクリート造を中心に現場監督として働き、二級建築士、ニ級建築施工管理技士の資格を取得させて頂きました。

機能的でコスト優先の建物作りの毎日。子供の頃の住宅現場の思い出、木の香りが忘れられられず、 建築を一生続けるならば

「自分自身の求める住宅を造って行きたい」  「自分で木まで選べる家業を継ぎたい」

と強く考えるようになりました。 その頃はまだまだどんな家が良い家なのかわかっていませんでしたし、景気が落ち込む時期でしたので、父からは「まだゼネコンにお世話になっていなさい」と言われましたが、どうしても家づくりをしていきたいという私の強い意志で、戻る決意をしました。

建築科への進学の時は父に素直に従いましたが、この時は私の決意のほうが強かったようで父も最後には許してくれました。父親となった今、当時の父親の気持ちがよくわかります(笑)

住宅建築のために一から勉強し直し、より上の資格の取得

実家に戻り、家づくりをはじめようと決意したからと言ってすぐに仕事があるわけではありません。地域の方の信頼も祖父や父が築いたもので、近所は皆子供の頃から知っている人ばかりでガキ扱いの私に仕事を頼む人なんて居ません。ましてや住まいともなると一生に一度と言われる大仕事ですから当然の事だと思います。

それに、住宅はオフィスや店舗と異なり設計や施工手順打ち合わせも繊細なものとなります。

そのため住宅系の建築設計事務所に2年ほど勤め基本から学び直し、在籍中に不動産の資格である宅地建物取引主任者を取得、建築の最高資格も取得し信頼してもらう必要があると考えて二級建築士から一級建築をめざし必死で勉強しました。高校時代甲子園を目指して野球ばかりしていて、正直勉強はあまり好きでなかった私ですが、この時ばかりは自分でも信じられないくらい必死に勉強しました。(資格をとる事が自分の仕事と思って勉強していました)

その甲斐あって一級建築士と一級建築施工管理技士の両方の資格を取得することができました。

その時、やっと新しい自分のスタートラインに立つことができたと感じた事を今でも忘れられません。

木材店から家づくりへ

平成11年に一級建築士事務所を開設し当初は住宅設計のみを行っておりましたが、当時今ほど住宅の検査は厳しくなく、施工の質も今ほど高いもでなく、

欠陥住宅が社会的な問題となっていました。元々現場監督あがりの私は、その現実に怒りを感じ、

設計から完成まで自分の目でしっかりとした施工がしたくなり 設計管理と現場監理を行うように方針を変えました。 そのために平成12年に建設業登録し、当時の10年保証住宅の登録店にもなりました。また、以前から取得していた宅地建物取引責任者の不動産業の業者登録を行い、現在は タカハシ建築工房として、自然素材の注文住宅建築、リフォームなど土地の相談から住まいの建築まで一貫して取り扱えるようにしています。

甘かった住まいの気遣い

このようにしてちょっとづつ歩き始めたタカハシ建築工房でしたが数年後「シックハウス」が社会的な問題となり、世間を騒がせました。幸いな事に弊社のお客様にシックハウスの症状は無かったのですが、タカハシ建築工房でもビニールクロスや合板フローリングの家を作っていたので、とてもショッキングなニュースでした。

正直言うと、アレルギーやアトピー、喘息などはあまり気にしていませんでした。

とにかく、他の業者と同じような家を普通に作れば、お客さんは満足してくれると思っていました・・・・・その甘い考えがお客様や自分の子供たちにも好ましくない影響を与えてしまう可能性があるなんて考えても居ませんでした。

新たな家づくり、きっかけは木の家具

弊社は家具のお店もやっています。以前は、普通のどこの町にもある一般的な家具屋でした。そして、家具業界も低迷が続いていました。世の中にシックハウスのニュースが流れる中、とあるお客様から子供がアトピーなので、無垢の板で家具を作って欲しいと頼まれまたのです。

健康は住宅だけでなく家具も関係してくるんだ・・・お客様からの相談でハッとしました。

元々が材木屋ですから自然の加工されていない自然のままの木は山のようにあります。父が数十年大切に乾燥させていた木材を倉庫から引っ張りだしてきて、杉や桧、欅や桐などの無垢の板に自然塗装で仕上げました。子供の頃遊んだ倉庫にあった木は父が寝かせて乾燥させていたものだったのです。

お客さんはアレルギー対策した自分だけのオリジナル家具の出来上がりにとっても満足し、どこの店にも無いものだと大変喜んでくださいましたました。私も、家具職人も、木を大切に保管していた父も嬉しくてたまりませんでした。

「そうか!自然な無垢の木で家具や住まいを作れば、アトピーやアレルギーで悩むお客さんのやくにたてるんだ!」「幼い時から共にあった木や職人が集まれば皆で人様の役にたてるんだ」

とその時改めて思いました。本物の自然素材を使い、空気のきれいな家を、心が癒される家を、健康で家族が明るく幸せに暮らせる家を、無用な病にかかる必要のない家を作っていこう!
これからの住まいは施工だけしっかり見ていてもダメだ。これが私の住まいに対する考えを大きく変えさせた出来事でした。

東日本大震災で学んだ事・確信

自然素材の家、自然を大切に使う家づくりを目指していましたが自然というものは時に残酷なものでもありました。

今でも全然忘れる事ができない3月11日の東日本大震災。津波は倉庫脇の河口を大きな音を立てて
さかのぼっていきました。

私たちは高台に避難して難は逃れましたが、本当に多くを奪っていきました。津波で被災してしまった家はありましたが、幸いタカハシ建築工房のお客様の家は地震での大きな被害はありませんでした。利益を優先させるよりもしっかりとした施工を優先させておいて良かったと思っています。その後は修理の依頼や津波をかぶった住まいの復旧以来が多く少しでもはやく復旧させようとほとんど記憶が無いくらい1年半ほど必死になっていました。その中で感じた事は自分の考えが間違っていない事。

しっかりした施工としっかりした設計の建物は被害も少なく修理にかかる費用も時間も少ないと言う事。

家を建てる時ほんの少し高く感じるかもしれないけれど、

しっかり作っておいたほうが万が一の場合の復旧のコストと時間が少なくて済む。

最終的にはお客様の負担も少なくお客様のためになったと言う事です。もしかしたらコスト的に無駄かもしれないと迷いながら作っていた健康で頑丈な家づくり、自分の家族を安心して住まわせる事ができる家づくりが、私のお客様に対して間違っていなかったと確信しました。

胸を張れる新たな家づくりへ

「家具から教えられた健康に気を使った家づくり」

「震災から改めて学んだ丈夫でがっちりした家づくり」

「子供にも家族にも胸を張れる家づくり」

「本物素材でつくる安全で安心な暮らし」

工業高校へ進学した頃のぼんやりとした家のイメージから試行錯誤の20数年、家族をもち、大きな出来事の末にやっと良い住まいが何であるか見えてきたような気がしています。

タカハシ建築工房は亡き祖父から始まった小さなファミリー企業です。夢見心地になってしまう大きくて豪華なモデルハウスはありません。お渡しできる豪華なパンフレットやカタログもございません。物足りないとお感じになりましたら本当にごめんなさい。

しかし、私たちの自慢は、建てたお客さんが本当に喜んでくれていること。
家づくりを通して、親戚や友人のようなお付き合いをさせて頂いていることです。
モデルハウスよりもお客様の生の声を聞いて欲しいのです。
モデルハウスはありませんが私たちと一緒に家づくりに挑戦されたお客様の実際のお宅をご案内することが出来ます。家づくりの先輩として、良かった事、悪かった事、ああすれば良かった、こうすれば良かったなどの展示場では聞けない生の声を聞かせて頂くこともできます。

「自分が住みたい家、家族を住ませたい家」

お客様の家も自分の家のように考えるから出来る「本物」の良さを知って頂きたいのです。

大々的なキャンペーンや値引きはやっていません
同じ品質の住まいを提供しているのに、キャンペーンの時に建てた人、それ以外以外の時に建てた人に価格差が出るのは、なんかおかしな気がするからです。
ですから特別価格もありません。

「自分が住みたい家、家族を住ませたい家」と考えるから、本物を正当な価格で提供しています。

「自分が住みたい家、家族を住ませたい家」が「お客様、ご家族みなさんの幸せの家」となるよう、

とにかく一生懸命に家づくりをしています。当社に安心してお任せください!

私たちが責任をもって家づくりのお手伝いをさせて頂きます。

タカハシ建築工房
一級建築士 高橋 芳人

 

プライベート

昭和46年
(株)高橋木材家具店社長 高橋芳春の長男として生まれる。
平成元年
仙台の工業高校(建築科)を卒業し、現場監督として地元建設会社に就職。
平成6年
住宅設計がしたくなり、地元の設計事務所に転職。
平成8年
家業である(株)高橋木材家具店に戻り、住宅設計業務を始める。
平成11年
一級建築士に合格し、一級建築士事務所開設。
平成12年
建設業登録し木造住宅部門を立ち上げる。
そして現在、奥さんと2人の息子・家族とともに健康住宅に奮闘中!

資格・登録免許

一級建築士 大臣登録第280862号
一級施工管理技士 大臣登録第B006250207号
宅地建物取引主任者 第94040008号
宮城県被災建築物応急危険度判定士 第970551号
みやぎ木造住宅耐震診断士
シックハウス診断士補
住宅ローンアドバイザー

加盟組織・団体

宮城県建築士会まつしま支部所属
欠陥住宅を造らない会 会員(松島支部)
−NSJ− 日本自然派住宅研究機構 会員

木の家・健康住宅に関する資料とお問合せ

↑タカハシ建築工房では自然素材・木の家・健康住宅の家づくりの参考書をプレゼント中!メールでの参考書・資料のお申込み。ご相談はこちらのお問合せページから!
電話でのお問合せは 022−353−2253 まで。

sample
sample
sample
sample
sample
ページトップへ

kinoiedaisuki.com MENU

仙台市青葉区/仙台市宮城野区/仙台市若林区/仙台市太白区/仙台市泉区/石巻市/塩竈市/名取市/多賀城市/岩沼市/栗原市/東松島市/大崎市/亘理郡(亘理町・山元町)/宮城郡(松島町・利府町・七ヶ浜町)/黒川郡(大郷町・大衡村・大和町・富谷町)/遠田郡(美里町・小牛田町・南郷町)加美郡 その他、呼んでいただければどこまでも行きます!
木の家・木の家具・健康自然素材の注文住宅 タカハシ建築工房/宮城県宮城県宮城郡松島町高城字町138/TEL 022−353−2253

Copyrightc2009-2016 タカハシ建築工房.All Right Reserved